[漫画]東京喰種:re ⑮巻 [感想]

[漫画]東京喰種:re ⑮巻 [感想]

本日(3/19)東京喰種:reの最新刊15巻が発売されました!

前回のラストでは六月vs瓜江・才子ちゃんの直前で終わっていましたが、今回はどのように話が展開したのか!

さっそく読んだ感想を書いていこうと思います!

東京喰種とは…

普通の人間と同じ容姿でありながら”赫子”と呼ばれる個々で特有の捕食器官を使い人を喰う事で生きる”喰種(グール)”達と人間たちの戦いを描いた作品。

大分ざっくりとした説明になってしまったので、興味ある方はこちら(集英社コミック公式S-MANGA)から1巻を試し読みしてみて下さい!

※ネタバレを含みます!まだ⑮巻を読んでいない方は読んでから見ることをおススメします!

六月vs瓜江・才子ちゃん!ガチ戦闘かと思いきや!?

本気の六月vs瓜江・才子ちゃん!

前回のラストからどれほど続きが読みたかったか…!

ガッツリ戦闘なのかと思いきや!

瓜江は六月を諦めてはいなかった!

自分を止めたいなら殺せという六月に対して、反撃することなく攻撃を受け続ける瓜江と才子ちゃん…

二人の行動に、六月は自分の本当の気持ちに気付くも今までの過ちから自身の命を絶とうとする…

そんな六月に才子ちゃんのビンタが炸裂!そして…

才子ちゃん is 天使

仲間のために感情をむき出しにして泣く才子ちゃんはたとえ涙ボロボロで顔ぐちゃぐちゃでも天使。

才子ちゃん本当いい子だわぁ…大好き(*´▽`*)

誰だこのイケメン(困惑

瓜も最初の頃に比べると随分と人格が変わりましたね~。

ぶっちゃけ最初の頃は力に呑み込まれて暴走してQsを裏切るキャラなんだろうと勝手に想像していたんですが、ここまで立派に成長するとは…感慨深いものです( 一一)

カネキの心情。リゼとの再会。

暴走してから行方不明だったカネキが、彼の心の中でリゼと再会する話が中盤を占めていましたね。

度々カネキの心情というか精神世界に現れるリゼ。

現れるたびに過酷な現実を突き付けてはカネキを苦悩させている印象を受けますが、最終的にはカネキ自身の気持ちに整理を付けさせて進むべき道を提示している気がします。

カネキの中に存在し続ける事で姉のような感情が芽生えたんでしょうかね?

真相は分からないですが、この二人の関係はなんだか好きです(=_=)

ここのリゼの表情が良い。言葉は辛辣だけどリゼはカネキのこと誰よりも想ってると思う。

目覚めたカネキ。そして変わりゆく世界…。

CCGと喰種、互いの協力により発見されるカネキ。

たたずんでいた巨大な怪物のような体はカネキ摘出とともに崩壊へ…。

万事解決かと思いきや、何やら不穏な気配。

そして再び登場する旧多とリゼ(?)

かつて有馬が告げた最悪の事態…

怪物の体内からカネキが救い出され目覚めたのも束の間、各地で人間が喰種になってしまう現象が勃発

人が喰種に!?一体どうなる!?

カネキを救う際に才子ちゃんも喰種化の影響を受けてしまっていた!

自分自身よりみんなを心配する。本当にいい子だ…。

才子ちゃん…(´;ω;`)

いよいよ話がカオスな事になってきましたな…(;゚Д゚)

旧多の目的は分からないし今後の展開も読めなくなってきましたね~。しかしだからこそ今後の展開、期待に胸が膨らむというもの!

今回のラストはカネキとヒデの再会で締めくくり!

世界が混乱と絶望の真っただ中に陥っている状況で、美しい夕日を思わせる背景の中二人は再会を果たします。

この二人の再会こそが唯一の希望のようにも見えますね!

今後の展開が気になりますが、次の新刊を心待ちにすることにします!

それでは今回はこのへんで!また後日!

 

漫画カテゴリの最新記事